リキッドファンデーションの塗り方は!?理想の肌を手に入れる

こんにちは。美容インストラクターのはるな(@khimu)です。

今回はリキッドファンデーションの塗り方を解説していきます。

リキッドファンデーションは塗り方を変えるだけで、少量で綺麗な仕上がりにできます。

綺麗に仕上がるテクニックを身に着けて、リキッドファンデーションのよさを最大限に活かした美肌を演出しましょう。

Haru

初心者さんはもちろん、リキッドファンデーションご愛用中のベテランさんも必要なファンデの量、塗り方、塗る順番など、今一度おさらいをしてみてくださいね。

リキッドファンデーションの塗り方。大切なポイント

事前に肌をたっぷり保湿する

メイクのよれを気にしてクリームなどを省くと、反対に乾燥してテカリやメイク崩れの原因になってしまいます。

Haru

化粧水やクリームを使って、たっぷり保湿しましょう。クリームはしっかりとハンドプレスで肌になじませると◎。

下地で色むらをカバーする

下地は肌とファンデーションの接着剤の役割をしてくれます。全体にうっすらとのばしておきましょう。

また、色むら補正の役割もあるので、肌悩みやなりたい肌に合わせたカラー下地の使用がおすすめです。

目的に合わせたおすすめの色使い

黄くすみ  :パープル

赤み    :グリーン or イエロー

透明感アップ:ブルー

色むら   :オレンジ

顔全体に均一に塗らない

カバーしたいシンデレラゾーンはしっかりと、厚みを出したくないフェイスラインや目周りなどは薄めに!

できるだけスピーディーに

リキッドファンデーションは液体なので、時間が経つと乾いてきます。

伸びや肌へのなじみが悪くなってしまうので、できるだけスピーディーに仕上げていきます。

手とスポンジのダブル使い

手で伸ばしたあとにスポンジで筋をなじませて整えます。

スポンジで抑えることで、余分な油分をオフでき、よれにくくなります。

Haru

では、ポイントをふまえて早速塗り方を確認していきましょう!

指を使ったリキッドファンデーションの塗り方

■直径1センチくらいを手の甲に取り、中指の腹にとる

■頬、額、眉間の下、顎先に点でおく

左右の量が同じなり、バランスのよい仕上がりになります。

Haru

また、顔の中心や高く見せたい部分に量が多くのり、フェイスラインや低く見せたい部分が少なくなることで、凹凸が生まれ、立体感ある顔になります。

■頬、額の広い面から塗り広げていく

中指と薬指の指の腹を使って広げていきます。中指は力が入りやすく摩擦が加わったり、塗りムラの原因になります。

顔の中心から外側に向かって伸ばします。

額は額中央からフェイスラインに向かって放射線状にのばします。

■眉間の下から鼻、口周りにのばす

鼻の高くしたい眉間の下から鼻先に向かってのばします。そのまま、小鼻、鼻柱にも塗り広げます。小鼻の溝も指を沿わせてきちんと塗り、毛穴カバーします。

■顎先~耳下まで伸ばす

顎先から耳の下に向かって、引き上げるように伸ばします。

■最後に余ったファンデーションでうすくまぶたと目の下に塗ります。

目周りの皮膚は元々うすく、さらに瞬きをしてよく動かす部分なので、あまったファンデーションで薄く塗ります。

■カバーを足したい部分に重ね付け

目の下の三角ゾーンのカバー力を足したいときは、重ねてつけます。

定着させるように、伸ばすのではなくトントンとやさしくたたきこみます。

■乾いたスポンジで筋ムラをとりながら、フェイスラインまでなじませる

触れているかいないかくらいのやさしいタッチでなじませます。

塗っていなかったフェイスラインにも伸ばします。首との境目ができないように顎下までのばしましょう。

乾いたスポンジを使うことで、肌になじんでいない油分をオフでき、崩れを防止できます。

目周りの細かい部分もなじませます。

■完成

Haru

ぜひ試してみてくださいね。

インスタでも公開しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

KHIMU_メイク.スキンケアアドバイザー(@khimu_cosme)がシェアした投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です