平行眉毛の書き方解説。初心者でも簡単!今どき平行眉3つのポイント

こんにちは。美容インストラクターのはるな(@khimu)です。

今回は『平行眉毛』について解説していきます。

Haru

トレンドにもなった人気な眉毛なので、試してみたことがある方も多いのではないでしょうか。

しかし、なかなか似合うように書けない…などといったお声も多いです。
そこで、今回は平行眉を描くときの大切なポイントを3つお伝えします。ポイントを抑えながら描くだけで、簡単に綺麗な平行眉を書けるので、ぜひ試してみてくださいね。

平行眉とは

平行眉とは、角度をつけない眉毛のことを指します。眉のラインが床と平行なイメージです。

近年は、韓国から日本に伝わったオルチャンメイクが比較的太めな平行眉で、ふんわりと優しい印象に仕上がると人気になりました。

目と眉毛の距離を近めに描くことで、目を大きく協調することもできます。オルチャンメイクの平行眉は輪郭をはっきりさせるのが特徴的です。

Haru

太めな平行眉が一般的に浸透してから、細めの平行眉でオトナな綺麗目メイクも人気となっています。女性らしさを演出できるだけではなく、清楚さや清潔感も引き出せます。

平行眉の3つのポイント

ポイント1|ほんの少し眉尻に向かって高くする

角度をつけない眉が平行眉といわれていますが、完全に眉のラインを床と平行にしてしまうと、立体感のない眉になってしまいます。

Haru

顔には丸みがあり、特に眉山から眉尻を一直線にしてしまうと非常に下がった印象になります。眉尻は眉山よりも2~3度は角度をつけて高くしましょう。

ポイント2|眉山はきちんと取って、眉尻はシャープに

平行眉は角度をつけないために眉山があまり描いていない方が多いです。しかし、眉山を起点にして顔の側面がだせるので、眉山は少しだけでも取ると顔の立体感が演出できます。
そして、重めになりがちな平行眉は眉尻をシャープにするこで、顔がしまってすっきりとした印象になります。

ポイント3|毛流れと色の濃淡で立体感を

Haru

平行眉は顔の中央から外側に向かって、ブラシやペンシルを真横に大きく動かしてしまいがちです。そうすると色塗りをしたかのようなベタッとした仕上がりに。

毛を1本1本足していくように描くとふんわり自然な眉になります。
また、眉頭は薄く眉尻に向かって徐々に濃くしていくと顔全体の立体感を生み出せます。

失敗しない平行眉の描き方ステップ

  • STEP.1
    ペンシルで眉下ラインを取る
    中身1
  • STEP.2
    ペンシルで眉山から眉尻を描く
    眉山から眉尻に向かってほんの少し下げていきます。眉尻は眉頭より下がると困り顔になってしまうので、眉頭よりも高い位置に眉尻がくるようにします。
    眉山から眉尻は徐々に細くし、シャープに整えましょう。 
  • STEP.3
    ペンシルで薄い部分を書き足す
     毛が薄いところに足していきます。1本1本毛を足すように意識して、地眉が生えている毛流れに沿って描いてきます。
  • STEP.4
    パウダーでなじませながら眉頭を整える
     パウダーで全体をなじませます。シャカシャカと左右に動かしながらなじませると◎。
  • STEP.5
    ブラシで眉頭や輪郭をぼかす
     最後にはみ出た部分を消して、濃くなった部分や強過ぎるラインをぼかします。
  • STEP.6
    完成
     

まとめ

いかがでしたか。平行眉にチャレンジしたことない方もぜひ試してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です