【くすみチェック!】5つの症状と症状別簡単スキンケアまとめ

こんにちは。美容インストラクターのはるな(@hal_cosmetics)です。

Haru

朝起きて鏡を見たとき、夕方メイク直しのとき、・・・ふとした時に顔色が悪く、肌全体の色むらを感じることありませんか?

透明感を取り戻したい、でもどのようにケアをすればいいのかわからない!という方は多いと思います。

この記事では、くすみの見分け方とタイプ別の簡単お手入れ方法をご紹介します!

目の下の黒さが気になる方はこちら!

目の下が黒いのはなぜ?原因とすぐできる対処法を美容インストラクターが徹底解説

そもそもくすみってなに?

くすみという言葉はよく聞きますが、どういう状態を指すのかわかりにくく、自分の肌がくすんでいるのかということも判断が難しいですよね。

実は、医学的には「肌がくすむ」という表現はありません。

一般的には、「肌色が悪く明るさやつやが感じられない肌状態のこと」といわれています。

Haru

すごく悲しい状態なのね・・

つまり、日焼けをしたわけでもないのに肌が今までよりも暗く感じる、肌に透き通るような透明感を感じられないような状態を指します。

MEMO
  • 医学的には「肌がくすむ」という表現はない
  • 一般的にくすみとは「肌色が悪く明るさやつやが感じられない肌状態のこと」

あなたはどのタイプ?くすみの原因とチェック方法

一言でくすみといっても原因や症状は様々。くすんでいるように感じる方は、まずはどのタイプのくすみなのか確認してみましょう。

「褐色グレーぐすみ」角質肥厚

《チェック》

肌がごわついている。メイクのノリが悪い。

《原因》

垢となって自然に剥がれていくはずの古い角質が、ターンオーバー(肌の生まれ変わりのサイクル)が乱れることで、剥がれずに肌に蓄積してしまっています。

古い角質は、水分が少なく黄色みを帯びているため、蓄積することで褐色グレーのように見えます。

角質肥厚とは?

長期間の弱い紫外線などの影響で,皮膚の表面にあって自然にはがれ落ちるはずの角質 (あか) が長くとどまり,皮膚が厚みが増して硬くなった状態をいう。皮膚の透明感がなくなり,乾燥やくすみが目立ってくる。表皮は,外側から順に角質層,透明層,顆粒層,有棘 (ゆうきょく) 層,基底層の5層に分かれている。このうち重要な働きをしているのが角質層で,水分を保持したり,外部からの刺激を防ぐバリア (障壁) としての働きがある。通常,表皮細胞は 28日周期で再生されるが,新陳代謝が鈍くなったりすると,それが長引いて角質肥厚の原因となる。

参考:コトバンク

「グレーぐすみ」乾燥

《チェック》

人差し指をフック型に曲げて、肌を下から上へ滑らせると引っかかる。

《原因》

角質の水分がなく、角質自体の透明感がなくなります。さらに、肌表面の水分と油分が少ないためにキメが乱れ、光の反射が綺麗にできなくなり、透明感のないグレー肌ぐすみを引き起こします。

「青ぐすみ」血行不良

《チェック》

目の下のくまが青い

《原因》

運動不足や冷えなどによる身体の血行不良で、血色が悪くなります。赤みが少なくなることで肌が青黒く不健康に見えます。

「茶ぐすみ」色素沈着(メラニンの蓄積)

《チェック》

日焼けしていないのに、肌が黒くなった。

《原因》

紫外線や摩擦などの刺激によって、日々排出されるメラニンが蓄積してしまっています。「遊離脂肪酸」という皮脂を構成する成分の一部がメラノサイトを刺激し、メラニンを増やす場合があると言われていて、皮脂によるメラニンぐすみも原因の一つと考えられています。

「黄ぐすみ」糖化とカルボニル化

《チェック》

肌が今までより黄色くなった。普段からよく甘いモノや脂っこいモノを食べている。

《原因》

糖化:糖質とたんぱく質が結びつくことにより起こります。

肌のハリや弾力を生み出すコラーゲンが糖化することでも起こります。コラーゲンや角質のケラチンはもともと透明なのですが、糖化すると黄色や茶褐色に変化してしまいます。

カルボニル化

脂質の分解質とたんぱく質が結びつくことにより起こります。

どちらもタンパク質の構造を変性・劣化させてしまうことで細胞や組織の機能低下を引き起こし、肌老化の原因にもなります。

タイプ別!くすみの改善方法

角質肥厚くすみさんのスキンケア

拭き取り化粧水で古くなった角質をやさしくふき取りましょう!黄みを帯びた古い角質を取り除くことで、透明感のある角質が肌表面に出てきます。さらにターンオーバー(肌の生まれ変わりサイクル)を促し、角質肥厚になりにくい肌へ導きます。

オススメのふき取り化粧水

クリニーク クラリファイング ローション 2

乾燥くすみさんのスキンケア

なによりも保湿!今のお手入れで水分が不足している証拠なので、お使いのお化粧水を普段1回塗布している方は2~3回塗布してみたり、コットンに含ませてローションパックしてみるのも◎簡単に保湿力を高めるにはパックがおすすめ!

パックは保湿するだけでなく、キメも綺麗に整えてくれるので、光を綺麗に反射することでくすみを防いでくれます。

Haru

キメが整うので化粧ノリもよくなるのもうれしいですね。

オススメのパック

エトヴォス モイスチャライズングリペアマスク

血行不良くすみさんのスキンケア

血行を促進してあげるために週2~3回マッサージしてあげましょう!正直マッサージが面倒な時もあると思います・・・そんなときは遠赤外線で塗るだけでマッサージ効果のあるマッサージジェルなどを使用すると続けやすいです。

オススメのマッサージジェル

クオレ化粧品 AXIスムージングジェル

色素沈着くすみさんのスキンケア

すでにメラニンが生成されてしまっている状態な茶ぐすみさんは、メラニンを還元してくれる美白クリームでメラニンを撃退しましょう。

オススメの美白クリーム

ビーグレン ホワイトクリーム1.9

【ビーグレン】b.glen QuSomeホワイトクリーム1.9 15g<日本製保湿クリーム>

糖化・カルボニル化くすみさんのスキンケア

オススメの抗糖化クリーム

三省製薬 デルメッドプレミアムローション

糖化は抗糖化効果のあるスキンケアを使いましょう。

糖化を防ぐのに効果的と言われる成分には、細胞の活性化・肌の再生能力の促進・肌トラブルの抑制・ターンオーバーの活性化などの効果があるとされます。

セイヨウオオバコ種子エキスをはじめ、カルノシン・ビタミンC・ビタミンB1・ビタミンB6・αリポ酸などがあります。カルボニル化はオリーブ葉エキスが効果的といわれています。

Haru

ただ探すのが大変・・・紫外線でもカルボニル化を引き起こすといわれているので紫外線対策を徹底することがオススメです。

紫外線の波長とは?紫外線対策はアフターケアも必須の時代?!日焼けと老化から肌を守る

まとめ

くすみといっても様々な原因がありますね。ご自身にあったケアをしっかり選んで対策をしてみてください。そして、くすみのない透明感ある肌を手に入れましょう!

合わせて読みたい

SPFとPAとは?元美容部員が徹底解説!紫外線対策におすすめの日焼け止め3選! 【ゆらぎ肌と季節性敏感肌】かゆみ/赤み/ひどい肌荒れから守る方法3選~元美容部員が徹底解説~ 【2019年最新版】シェーディングランキング!効果的な方法とともに元美容部員が厳選!! 【2019年最新版】下地ランキング!夏でもファンデーションが崩れないコツとともに美容部員がご紹介! 紫外線の波長とは?紫外線対策はアフターケアも必須の時代?!日焼けと老化から肌を守る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です