鼻が赤い!原因と隠す簡単メイクテクニックを元美容部員が徹底解説

こんにちは。美容インストラクターのはるな(@koharu_0930)です。

今回は気になる小鼻の赤みを簡単にカバーするメイクテクニックをご紹介します。

Haru

赤みをなんとかしたいけど、どうすればいいのかわからない・・・とお悩みの方も多いのでは。

小鼻が赤くなっていると、肌の綺麗な印象を損ねてしまいますよね・・・。

実は、小鼻の赤みは簡単なメイクテクニックでカバーできます! 普段のメイクにひと手間加えるだけで、統一感のある肌を手に入れることができるので、ぜひ実践してみてください!

小鼻の赤くなる原因

小鼻が赤くなる原因とは小鼻が赤くなる原因は様々。

年中赤みが継続している方もいれば、たまに赤みが気になる方も。

主な原因

1.アトピー性皮膚炎で、赤みがでやすい

2.小鼻ケアや摩擦によって肌が傷ついている

3.ニキビができている、ニキビ予備軍がいる

4.ニキビ跡が残っている

小鼻の赤みを消すメイク方法

小鼻の赤みをカバーする時に活躍するのはコンシーラー。 ファンデーションだけで隠そうとすると厚化粧になりがち。 コンシーラーでピンポイントに小鼻の赤みをカバーしましょう。

  • STEP.1

    化粧下地を顔全体に塗る

  • STEP.2

    コンシーラーの色味を選ぶ

    必ず黄み系のコンシーラーを使います。ベージュ・黄色・オレンジ系の色味を選びましょう。

    ※赤みの肌トラブルは黄みのメイクアイテムがカバーします。

  • STEP.3

    コンシーラーをブラシに少量取る

    少量をブラシにとって、手の甲でなじませます。 ブラシはできるだけ細いものを使うと細かい部分までカバーしやすいです。

  • STEP.4

    小鼻の一番くぼんでいる部分に塗る

  • STEP.5

    step4でのせたコンシーラーを小鼻全体になじませる

  • STEP.6

    ファンデーションを塗る

    コンシーラーをした後の仕上げは、パウダーを使うのがオススメ。 ファンデーションのパウダータイプでも、フェイスパウダーでも◎パウダーがコンシーラーの油分を吸って、よれにくくなります。

赤みカバーメイクをするときのPOINT

●コンシーラーが浮いている感じがする場合は、指の腹を使ってなじませましょう。

●カバーが足りない場合は、コンシーラーを何度か重ねて塗りましょう。一度に沢山塗るのはNG。「少量のせる→なじませる」を繰り返してください。

●肌が乾燥している時はコンシーラーがなじみにくい時も。 メイク前にしっかり保湿することで、なじみもよくなります。

小鼻の赤みにオススメのコンシーラー

24h cosme 24ミネラルUVコンシーラー

小鼻が赤くなっている時は肌が敏感になっている証拠。
なので、肌に優しいコスメがオススメ。

Haru

ミネラルコスメであれば、洗顔やお湯でオフできるものが多くて◎
中でも特にオススメのコンシーラーが、24h cosmeのコンシーラー。
 オススメポイント

 1.ベージュがベースの2色セットだから、赤みカバーに最適

明るめライトベージュと暗めのナチュラルベージュの2色が1つに。 どちらも黄み系なので、小鼻の赤みをカバーするのにピッタリ。

2.クリームタイプで密着度◎

クリームタイプのコンシーラーは、肌にピタッと密着するので、小鼻などの細かなトラブルカバーに使い易さ抜群。

3.パレット式+ブラシで、小鼻に塗りやすい

付属でブラシが付いているので、小鼻の際に塗りやすいのも嬉しい。 パレット式だと持ち運びにも便利!ちょっとしたメイク直しの味方になってくれます。

まとめ

いかがでしたか。
小鼻の赤みカバーの一番のポイントは色選びです。 色さえ黄み系(黄色、ベージュ、オレンジなど)を選べばコンシーラーを使えば、メイク初心者さんでも簡単に小鼻の赤みをカバーができます。

Haru

ぜひ早速、試してみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です